九十九里町で「おいしいもの勝手焼き祭り」、ストリートバスケコートアウルパークで10月30日実施へ

九十九里町にできた新しいスポーツ施設「アウルパーク」(千葉県山武郡九十九里町片貝6809-2)で10月30日、「九十九里おいしいもの勝手焼き祭り」が開催される。

撮影時、建設中だったアウルパーク

企画しているのは、九十九里含め浅草(東京都)、下呂温泉(岐阜県)などの観光地をつなぎ連携していく事で新しい観光の形を模索している「ふくろうグループ(観光案内所ふくろう屋)」。

九十九里だけでなく他エリアからもグループ内メンバーが集まり、さらに九十九里周辺事業者にも呼びかけ幅広い年齢層の人が楽しめるブースを用意するという。

コロナ期間中、自粛営業していた「ふくろうグループ」の実店舗

チラシには、スーパーボールすくい、輪投げ、BBQ櫛(くし)、ハマグリ、茂牡蛎、鮮魚、シラス丼、イワシの丸干し、まぐろ丼、ハマグリカレー、うなぎ丼、生米2キロ、おにぎりセット、クレープ、しらすクレープ、アクセサリー、ハーブという文言が並んでいるが、いずれのコンテンツも販売なのか配布なのかは明記されていない。

開催時間は、11時から。雨天の場合中止となっている。

実行主体の「ふくろうグループ」メンバーには、浅草で人力車事業を営む経営者や九十九里町で漁師をしている経営者もいる。関係者によると「このイベントを通じて、グループの認知度をアップと、経営者の仲間を増やしていくことが目的の一つ。楽しい事で地域貢献をしたい」と企画趣旨を話している。

同グループには、サービス業に従事する経営者が多く参画。これまでコロナ期間中は営業自粛を繰り返してきた。今回、全国的な感染の鎮静化を受けて急遽イベントの開催を計画したのだという。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中