山武市に「サニーサイドオートキャンプ」、小田和正のモノマネで知られる鎮目政宏さんが運営。

山武市と富里市、八街市の市境付近の住宅街の一角にキャンプ場「サニーサイドオートキャンプ」(山武市横田796)が年内開業をめざしてピザ窯を作っている。

開設するのは、歌手の小田和正さんのモノマネでテレビ出演などの経験も豊富な鎮目政宏さん。キャンプ場を予定している敷地はバーベキューサイト含めて約800坪。テントやオートキャンプサイトとして

鎮目さんは航空会社勤務の2007年、教会の仲間たちとバンドを結成。

手作りのピザ窯を前に満面の笑みを浮かべる、鎮目政宏さん

知人から「小田和正さんに似ているからオフコースのコピーバンドやってみたら!?」と勧められ航空会社×牧師×バンドマンの3つのわらじを履く事に。小田さんのモノマネが「似すぎている」と評判になりテレビをはじめメディアに何度も出演するように。

教会にもバンドセットを常設するなど環境を充実させていたが昨年春からのコロナ禍でイベントなどがほぼゼロに。会社を退職したタイミングもあって、空いた時間で「九十九里エリア」のコミュニティFM開設に乗り出した。

コミュニティFMは東日本大震災以降急速に地方での開設が広がっており有事の際に「防災FM」として活用する事を視野に各自治体で導入が進められている。鎮目さんのコミュニティFMも山武市と連携しての開設を調整しているのだという。

そんな折、教会の友人から自宅裏の空いたスペースが「もったいない」という話題が。鎮目さんの脳裏に2011年に訪れた大船渡の光景が浮かんだ。防災拠点、コミュニティスペースを兼ねたキャンプ場運営を開設しようという動きにつながった。

キャンプ場は有事の際に避難場所として活用する事も視野に、井戸を掘りくみ上げた水で手洗い場、仮設トイレも設置。また、大容量の発電機も購入し停電などにも対応できる。

さらに、現在ピザ窯も手作りで制作中。キャンプ場利用者が焼き立てピザを作ることもできるようになるという。

キャンプサイトは最大でテント10張まで利用可能と想定。通常は5サイト前後の稼働でゆったりと利用する事を想定しているという。

営業時間・定休日は、特に決まっていない。予約の際は、TEL0475-89-3900もしくは、今後開設するキャンプ場予約サイトのページから。

※現在は、グランドオープン前の最終調整を行っている。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中