12/26(木)3度目の京都、真言宗総本山「東寺」にも行ってきた!

京都滞在の宿に初利用のゲストハウス「THE LOWER EAST NINE HOSTEL 」

こんにちは。船橋市地方卸売市場内でカフェ兼交流スペースの市場カフェを運営しながら、その2階に船橋のタウン誌「ふなばし再発見!!マガジンMyFuna」、インターネットニュースの「MyFunaねっと」「船橋経済新聞」「Yahoo!ニュース」の編集部を抱える山﨑(やまさき)です。

今回は、長男のサッカー応援のついでに京都を見学した件について書かせていただきます。

京都訪問は今回がたぶん3回目になるのかな。

KYOTO35

記憶にあるのは、ネットニュースのみんなの経済新聞ネットワーク会議でやってきたのと、今年PTAの全国大会でやってきたのと、今回のサッカー遠征。最初の訪問で金閣寺を観て「本当に金色している!」と感動。

2回目のPTAはあいにくの雨天だったにもかかわらず、清水寺、知恩院、八坂神社、北野天満宮などを訪問した記憶が…そういえば、1回目の訪問でも2回目の時も安倍晴明の晴明神社だけは訪問してますねぇ。子どもの頃に安倍晴明が主人公の漫画を読んだからなのか、特別に思い入れがあるんですよねぇ。

長男のサッカー応援を力いっぱいやって(声出して応援すると嫌がるのでこぶしを握り締めて応援していましたけどね)、宿を取ったゲストハウス「THE LOWER EAST NINE HOSTEL」に向かう。

バスもあるんだけど、せっかくの観光地京都だから「何か発見があるかも知れない」ってことで歩いて向かいます。

Google先生に聞くと約40分。雨はなんとか持ちそうだったので、重たいカバンをぶら下げて歩きます。GoogleMAPって便利なのだけど、味気もそっけもない所を案内してくれたり、「これ車じゃ入れなくない??」って道をあんなしてくれたりして意外とお茶目ですよね。今回も案内のままに進んだら本当にそっけない道ばっかり選択してくれました。

しか~し!行く手に大きな塔が見えるではないですか!

KYOTO35

Google検索してみたら真言宗の総本山「東寺(とうじ)」らしい。「寺好きとしては訪問しない手はない」ってことでいざ訪問。

KYOTO34

やたら広い境内を散策。どうやら国の重要文化財になっている「金堂」「講堂」「五重塔」というのが目玉らしい。ちなみに、京都のシンボルとして写真などによく登場するのはこの「五重塔」だということ。木造の塔としては国内最大で高さ54.8メートル。天長3(826)年に創建着手が始まったらしいのですが実際に創建されたのは9世紀末とのこと。

KYOTO29KYOTO33

その後、落雷や火事で4回消失。現在の五重塔は徳川家光の寄進で寛永21(1644)年に建てられたものだそうです。それにしても美しい建物です。こういう歴史的な建造物を写真に収めたり、目の当たりにしたりする度に「日本って素晴らしい文化を持っているんだなぁ」って実感させられます。

KYOTO36

東寺で御朱印も頂いて、一路ゲストハウスへ!

と思ったら脇道にいい感じの路地を発見。京都の町家風のレトロな軒先。数件の長屋風の家が一緒になっているような建物。しっかり写真に収めてふと振り返ると良い感じのカフェを発見!

KYOTO28

手書きのメニューに「ハンバーガー」の絵が描いてあるではないですか!ペットと一緒に入れるカフェでトリミングなどもやっている様子の「soran berry」。

ちょっとスパイス効いた手作りのハンバーガーをコロナビールで一気に流し込む。一息ついたらかわいいワンちゃんが登場。ワンちゃんに負けず劣らずの可愛い店員さんと少し会話を楽しんでお店を後に。

ゲストハウスは1階にカフェを併設している「THE LOWER EAST NINE HOSTEL 」を選んだ。ドミトリーとカプセルホテルの一番の違いが「ビジネスライク」されているかどうかだと思う。

カプセルホテルも居心地が良くて良いのだけど、旅の楽しみは人との出会いだと信じているので「カフェ」とか「共有スペース」の人の流れが気になる。

KYOTO24

また、ゲストハウスの「管理人」というか「フロント」の人材もゲストハウスを楽しめるかどうかにとって大いに関係の深いところ。

「THE LOWER EAST NINE HOSTEL」はフロントもカフェも雰囲気の良い接客上手な若い子たちが立っている。話しかけて街へ繰り出すための近隣情報を集めようとすると十分会話を楽しませてくれる。ちなみに共有スペースもかなり居心地が良くて、風呂上りや寝る前、早朝などにはとっても仕事がはかどります。

1階のカフェスペースもかなり充実。メニューはそれほど多くないけど、エスプレッソマシンで淹れたコーヒーをお湯で割って好みの濃さにして飲むタイプ。ブレンドのブラックとホワイト(カフェラテ)から選べます。ものすごくこだわったコーヒーが出るわけではなくても十分においしくて癒されるしくつろげます。

「THE LOWER EAST NINE HOSTEL」のカフェスペースはコンセントが利用できる席もあって、FREE Wi-Fiもあって、ゲストハウスへ併設のカフェとしては十分すぎるほどの空間でした。

今回ドミトリーの部屋に泊ったのですが、ルームメイトになったファンルー(中国人の男性)と意気投合、軽く夜ご飯を食べに行こうという話に。

「川に行きたい」という彼の意見に従って「鴨川」に向かって歩きました。30分ほど歩きながら色々と会話した。僕のカタコトにすら届かない英会話。ファンルーは「英語が苦手」みたな雰囲気のことを話していたけど、日常会話程度の理解力はさすが中国人(日本にやってくる中国の人はほとんど英語の日常会話程度はこなします)。そういうわけで、スマホアプリに頼りながら会話を進める。

「サッカーが好きな事」、「痛風らしいこと」、「毎日のトレーニングを欠かさないこと」などを聞いた。僕の方は「息子のサッカーの応援でやってきたこと」「編集の仕事をしていること」「子どもが5人いること」などなど話した。会話を続ける事でだんだんと打ち解けてゆく。

そんなタイミングに「お好み焼 ママ」という怪しい看板を掲げる店が暗闇に突如浮かび上がった。

「あっ、きっとファンルーはお好み焼き食べたことないはず!中国人はきっとグルメだから新しい食べ物に興味をそそらせるんじゃないか??」と考える僕。

「ここ、寄ってみませんか?」(僕)

「ここはレストラン?そうは見えないけど…」(ファンルー)

「いやいや、日本のお好み焼きレストランは、オール・トラディッショナル・スタイルなのでこんな感じでオーケー!オーケー!!」と、勢いでお好み焼き屋さんに押し込んだ。

いかにも関西のおばちゃんって風貌と雰囲気と話し方のママ。「私、在日の日系二世やねん」ってにこやかに話してくれた。ここは、日本と中国と韓国の三国が共有するインターナショナルなお好み焼き店。

「ここのお好み焼きが気に入られなかったら国際問題になるんではないか??」と心配する僕。「ここでお好み焼きを少し体験したら次のお店にも行く予定です」と、まず少しだけ味見して大丈夫そうだったら徐々にメニューの追加をしていこうと考えて発言する僕。

そんな僕の心配をよそに、おばちゃんはマイペースで痛風持ちの中国人に酒を勧める。事情を話すと「大丈夫やねん、ワインは酒じゃないから」って変な理屈でワインをファンルーに勧める。「あたし、彼の顔好きやなぁ。なんや王子様みたいやで」とおばちゃん。

「なんでも良いから早くお好み焼いて!」と心の中で焦りを見せる僕。

「これ食べて待っとって、今からお好み焼くで」とおでんを出してきた。「これな、おぼちゃんが是非食べてほしいねん」とファンルーに勧める。

KYOTO12

「魚と酒はダメって医者に言われているんです」とスマホで僕に説明するファンルー。「こんなん食べた内にはいらんで。ほんのちぃとだけやで」となおも食い下がるおばちゃん。

やっとおばちゃん、お好み焼きを焼き始める。

KYOTO14

写真を撮るファンルー。

KYOTO13

できた!普通においしそうだ。
良かった良かった。

「ところで、何で痛風になったの?」とアプリ越しの通訳で質問する僕。

「辛いの食べすぎ!」っておぼちゃんが答える。

「あっ!ポテトサラダにもお好み焼きにも漬物にも唐辛子かけてる!」気付く僕。

やっぱり国民性ってあるんだなぁ…
味に物足りなさを感じるようだ。

そんなこんなで宿に戻ってからもしばしフロントの女の子とファンルーと僕で会話を楽しんだ。ファンルーの会話は、「中国の歴史が云々」「中国のこの地方の成り立ちは云々」という感じ。海外の人と話をしていていつも思うのですが、海外の人って自分の国の歴史についてしっかり勉強しているし、旅をした時にその国のことをとても知りたがります。

僕たち日本人が自分たちの国の成り立ちを知ろうとしなさすぎるのかも知れませんが…

まぁ、ざっと1時間くらいそんな会話をしていたけど英語を話せない僕は聞く専門。それも1対1であれば会話になるんだけど、英語の分かる同志の会話に割って入れるほどの会話力がなく、ほどなくして飽きてきたので京都駅地下の「京都TOWER SANDO」で独り飲み直すことに。

京都タワーの地下にあるフードコート的な場所でこの間やってきたPTA全国会議の時にも利用した。独りでも気軽に来れるのと、好きなものを食べて好きなものを飲めるのとでとっても気に入っているんです。

タピオカ屋さんからクラフトビール飲めるお店、とんかつ屋さんに餃子店、メキシカンバル、鶏のから揚げ専門店とハイボールの店に寿司・天ぷらまで全部で19店舗が入っているので結構楽しめますよ~。京都駅と地下道で直結なので新幹線の待ち合わせ時間にもちょうどいい感じです。キャッシュレス会計にもほぼすべてのお店が対応しているようなので海外の方も多くて楽しかったですよ~。

 

KYOTO32
スポット名:真言宗総本山東寺
住所:京都府京都市南区九条町1
TEL:075‐691‐3325
営業時間:
定休日:
駐車場:有料駐車場あり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KYOTO27
店名:dogcafe&salon SoranBerry
住所:京都府京都市西九条東比永城町74‐13
TEL:075‐950‐0005
営業時間:10時~18時
定休日:なし
駐車場:近隣にコインパーキング有

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KYOTO24
店名:LOWER EAST NINE HOSTEL
住所:京都府京都市東九条南烏丸町32
TEL:075‐644‐9990
営業時間:チェックイン15時~22時、チェックアウト~11時
(カフェ)8時~18時
定休日:
駐車場:近隣に有料駐車場あり

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KYOTO13
店名:お好み焼きママ
住所:不明
TEL:不明
営業時間:不明
定休日:不明
駐車場:不明

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

KYOTO1
店名:京都タワー サンド
住所:京都府京都市烏丸通七条下る東塩小路町721‐1
TEL:
営業時間:各店による(11時~23時)
定休日:
駐車場:近隣に有料駐車場あり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー